株から知っちゃうバイナリーオプション

為替相場の基礎知識

為替相場の基礎知識

為替相場の基礎知識を初心者にも分かりやすく紹介していきます。為替相場が形成されるのはインターバンク市場とよばれる所です。FXでもこの相場が売買のベースに用いられています。このインターバンク市場が世界の経済情勢を反映しながら変動し、世界の政治経済を映す鏡と言われているのです。

円高円安ってなんだろう?
為替相場でよく聞く、円高円安という言葉の意味をご存知ですか?円高ドル安という言葉の意味は、1ドル100円だったものが、1ドル90円になることです。100円から90円になったのだから、数字だけ見ると円が安くなっているから円安では?と思うと思いますが、違います。価格が安くなった訳ではなく、1ドルの商品を買う場合、100円払っていたけど、80円で変えるようになった。より少ないお金で同じ物を買えるという事は、物の価値が下がって居ないので、円の価値が上がった事になります。なので、円高ドル安と言うのです。円安はこの逆で、1ドル100円で変えたものが1ドル120円出さないと買えない事になります。円の価値が下がってしまったという意味です。

その国のお金が足りなくなるとお金の価値は上がります。経済状況などをチェックして、その国のお金が足りなくなると思われれば、先に買っておく。国のお金を買う人が増えればその国のお金の価値が上がるわけです。これが通貨高(日本で例えるなら円高)となります。基本的にものの値段は沢山供給され余れば余るほど安くなります。反対に少ししか供給されなければものの値段は上がります。需要と供給の上に、物の値段が成り立っているのです。

為替相場の基礎知識、円高円安の紹介をしました。是非参考にして下さい。

copyright(C)株から知っちゃうバイナリーオプション