株から知っちゃうバイナリーオプション

株と為替の違い

株と為替の違い

株と為替の違いを紹介していきます。為替市場と株式市場の違いは大きく分けて3つの違いがあります。

株と為替の違いその1:取引所取引と相対取引
株式市場の場合は、取引所取引であり、夜間取引もありますが原則としては取引所が開いている時間帯のみの取引になります。(日本の場合、東京証券取引所の場合は午前9時〜午後3時までになります。)一方外国為替市場は、OTC(Over-the-counter)という相対取引で、24時間取引が可能なマーケットになっています。

株と為替の違いその2:取引高の把握
株式の場合は全体の取引高を把握するのは至って容易です。一方、為替は株式よりも取引量が把握しにくいです。

株と為替の違いその3:流動性
外国為替市場は世界で最も大きなマーケットなので、高い流動性が確保されています。

このように株式市場と為替市場では異なる点がありますので、きちんと把握しておくことが大切です。

vそして、株と為替の違いで最も異なるのが、単位ですう。単位と言うのは、外国為替証拠金取引(FX)を行う際の最低取引単価の事です。株式取引でも、単元株制度のもと各企業が独自に最低取引株数を決めています。FXでの単価は、FXでの会社によって異なるので、様々です。取引する際には、この単位数を覚えておく必要があります。

copyright(C)株から知っちゃうバイナリーオプション