株から知っちゃうバイナリーオプション

株取引の基礎知識

株取引の基礎知識

株取引の基礎知識を紹介していきます。株式は、株を発行している会社から直接買うわけではなく、証券会社に申し込んで買います。投資家が証券会社に出した注文が、証券取引所に取り次がれ売買が行われます。証券会社は手数料をとって投資家の売買注文を証券取引所に次いでくれるいわば、仲介会社のようなものです。実際に株式を売ってくれるのは、株式会社や証券会社や証券取引所ではなく、所有している株式を売りたいと考えている株主です。株式の売買の時間帯などは前場(ぜんば)後場(ごば)に別れ、午前9時〜午前11時30分午後12時30分〜午後3時となっています。

株式の売買における売買単位は1株単位で買えるわけではありません。原則として1単元株と呼ばれる一定の株数で購入するする必要があります。1単元として最も多いのは、1単元1000株としているケースが最も多いです。古くから存在している、企業の名前を誰でも知っている会社は特にこの1単元の傾向があります。次に多いのが、100株単位となっています。なので株の売買をする場合は、基本的に1単元に合わせて売買する必要があります。表示されている株価は、1株あたりの価格を表示しているので、単元株が100株の場合は価格の100倍、単元株が1000株の場合は価格の1000倍の資金が必要になります。おおまかに説明しましたが、これが株取引の基礎知識となります。

copyright(C)株から知っちゃうバイナリーオプション